<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

施術・機器

【施術】コラーゲンピール

2017.09.22 施術・機器

【施術】コラーゲンピール

【施術】コラーゲンピール

コラーゲンピールとは?

コラーゲンピール(PRX-T33)は、トリクロロ酢酸(TCA)を使用した人体へのリスクが極めて低い、イタリア発のケミカルピーリング治療です。

ケミカルピーリング治療というと、皮膚の剥離により肌を改善していくイメージがあるかもしれませんが、コラーゲンピールは、他のピーリング治療とは異なり、製剤を浸透させて皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させることができる治療方法です。

剥脱をほぼ引き起こさずに、ハリの回復、色素沈着補助、ニキビ改善促進などができます。

コラーゲンピールのメリット・適応症

◆コラーゲンピールのメリット

薬剤を皮膚に塗るだけで、細胞を再生、新たなコラーゲン線維の形成を促進させ、ハリと弾力をもたらします。

・注射などのように針を使わないのでこわくない
・塗るだけの治療だから痛みがない
・ダウンタイムがない
・かさぶたにならない
・時間がかからない


◆コラーゲンピールの適応症
・ハリの回復
・色素沈着の改善
・ニキビの改善
・コラーゲン線維の形成促進
・表皮再生の活性化
【施術】コラーゲンピール

こんな方にオススメ!

・お顔のハリ・弾力が欲しい方
・年齢とともに、お顔がゆるんできた方
・アゴ下、デコルテ、バストのハリも改善したい方
・気軽に若返りケアをしたい方
・手軽に受けられるアンチエイジングの治療を探している方
・たるみ毛穴が気になる方

美容医療には興味はあるが、なんとなくハードルを感じている方や、ちょっと美容医療を試してみたい方など、ライトな感覚で始めてみたいという方にオススメです。

*以下の方はコラーゲンピールを受けることができません。
・TCAやコウジ酸に対するアレルギーのある方
・重症の敏感肌
・脂漏性皮膚炎の部位
・妊娠・授乳中の方
・ヘルペス治療中の方
・トレチノイン(ディフェリンゲルなど)や過酸化ベンゾイル(ベピオ・デュアックなど)を使用している場合
・イソトレチノイン(アキュテイン、ロアキュテイン・ロアキュタンなど)の内服中の方

コラーゲンピールの治療内容

◆治療の流れ
①診察、カウンセリング
②お化粧を落とします(クレンジング)
③コラーゲンピーリング(治療)
④拭き取りと洗顔
⑤お仕上げ
⑥治療終了

◆治療時間
・全顔で10分程度です。

◆治療後のケア
・施術部位の安静を保ち、洗顔する際は石鹸をよく泡立てて、やさしく洗うように心掛けてください。
・ピーリング後は日焼けしやすくなっているので、紫外線対策をしっかりと行ってください。
・日焼け止め(SPF30、PA2++位)を使用してください。
・施術後数日はお肌が乾燥しやすくなっているので、保湿をしっかり行ってください。
・施術当日の入浴・サウナは避けてください。
・治療期間中のホームケアプログラムが組まれており、最大限の効果のためにご利用ください。


◆治療の目安

1~2週間に1回のペースで5回の治療をオススメします。

Q&A

Q:治療中の刺激感はありますか?

A:治療の始めは、何も感じないのですが、成分がお肌の奥に浸透していくにつれて、お肌の奥の方に温かさやピリピリ感などの若干の刺激を感じるかもしれません。


Q:治療後の赤みや皮剥けはありますか?

A:治療中は、若干の赤みが見られることもありますが、大抵の場合洗顔後には引いてしまいます。また、基本的には皮剥けと言えるような目立つ状態になることは非常に稀です。数日後に薄い皮は剥けることがありますが、お化粧が可能であり、ほとんど目立ちません。皮は自然に剥がれ落ちますので、無理にむいたりせず、なるべく保護してください。


Q:コラーゲンピールはシミやくすみにも効果がありますか?


美白成分であるコウジ酸が配合されていますので、くすみや肝斑への効果はあると考えられます。実際に、治療後はなんとなくお肌が白くなり透明感が増したり、肝斑の改善をご実感される患者様も多いです。シミ(老人性色素斑)が取れるほどの効果は期待できません。


Q:薬剤が肌に合わないことはありますか?

頻度は少ないですが、可能性はゼロではありません。配合成分に対する過敏症や重症の敏感肌、お肌の状態が悪い場合には、治療中や治療後に異常な反応(強い灼熱感や長く持続する強い赤みやかゆみ・小水疱)を起こしたり、お肌の状態を崩してしまう場合があります。通常は、抗炎症剤の外用で治ります。


Q:アフターケアの専用化粧品は使用した方がよいのでしょうか?

A:コラーゲンピーリングの効果を最大限発揮させるには使用して頂いた方がよいです。クリームはコラーゲンピーリングで弱くなった皮膚のバリア機能を補い、お肌の修復に必要な栄養分を含んでいます。ピーリング化粧水の目的は、日常的に使用してお肌を酸性の環境に保つことで、TCAの生物活性化反応を最大限に引き出します。
Page top