<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

太りやすい体質にお悩みの方

クリニックダイエットの特徴

当クリニックのボディダイエットの基本は、ソフトな治療で身体をあたため、エネルギーを消費しやすくし、その後の運動で引き締まった理想のプロポーションへ近付けていくというもの。患者様のご要望に応じて、食欲を抑制するお薬や余分な油分を排出するお薬を併用する場合もありますが、身体に悪影響を与えるような治療は一切行っていません。

美容機器・治療

  • ・ノーニードルメソセラピー
  • ・メソセラピー
  • ・ダイエット点滴
  • ・お薬

ノーニードルメソセラピーとは
(治療の流れ・治療内容)

  • ・下半身・お腹まわり・ヒップなど、気になるパーツの部分痩せにアプローチします。
  • ・脂肪を溶かすエレクトロポレーション・脂肪溶解システムを導入しています。
  • ・針を刺さないので痛みはほとんどありません。即効性があり、副作用の少ない治療です。
  • ・気になるパーツに付いたセルライト、皮下脂肪へレーザーを照射し、微弱な電流を用いて脂肪溶解薬を皮膚から馴染ませていきます。
  • ・レーザー光と3種類の特殊電気パルスを組み合わせることで、セルライトケアやシワ、たるみのケアなど、トータルなフェイスケア・ボディケアを行うことが可能です。

治療の流れ

1レーザー照射

低出力のレーザー光を気になるパーツの皮膚に照射して血流を促し、薬剤を受け入れやすい状態へ導きます。

2脂肪融解剤やヒアルロン酸を導入

特殊な電気パルスの刺激により皮膚表面の微小孔が開きます。その微小孔より、従来注射でしか投与することができなかった脂肪溶解剤やヒアルロン酸などを導入することが可能となり、気になるパーツの皮下脂肪やセルライトへ働きかけていきます。

3老廃物の排泄を促す

筋肉運動とリンパシステムに働きかけ、溶け出した脂肪の燃焼と老廃物の体外への排泄を促します。

治療内容

  • ・治療時間は1回20~40分、治療回数は週1~2回、合計5~8回が1クールです。
  • ・効果には個人差がありますが、1クールで3~6cmのサイズダウンが期待できます。
  • ・お腹まわり、二の腕、顔、太もも、ヒップなどサイズダウンの難しいパーツにも効果的な治療です。また、脂肪吸引ができないセルライトの解消も期待できます。
  • ・ボディケアだけでなくシワやたるみなどのフェイスケアにも効果的です。

メソセラピーによる治療

メソセラピー

フォスファジルコリンの脂肪溶解注射とは?

フォスファジルコリンはレシチンというアミノ酸の一種で、古くから欧米で高脂血症や血管硬化の治療薬として使用されてきました。このフォスファジルコリンを脂肪組織に注入することで脂肪を分散させ、血中を経て尿や便として排出させます。

ある程度、皮膚の引き締め効果も期待できますので、吸引では取りにくい部分の脂肪にも適応可能。メスを全く使用せず、注射を打つだけで部分痩せを促すことができるため、「もう少しここを細くしたい」といった方に最適な治療方法です。

施術方法

2週間に1回の間隔で注入をする必要があり、効果が出るまでには、約2ヶ月を要します。なお、フォスファジルコリンには、タンパク成分が入っているため治療前にアレルギーテストを行います(15分ほどで結果がわかります)。部位によって注射薬の濃度を変えて治療を行います。麻酔剤が入っていることと、細い針を使用していることから、注入時の痛みはそれほど強くありません。

L-カルニチンの脂肪溶解注射とは?

L-カルニチンは、リジンとメチオニンという必須アミノ酸が肝臓や腎臓で合成されたもののこと。ミトコンドリアで燃焼される脂肪酸を、ミトコンドリアへ移動させる際に手助けを行う成分です。加齢とともに合成される量が減少していくため、徐々に筋肉の衰えや脂肪の蓄積を招くことになります。
L-カルニチンは、皮下脂肪のある場所ならウェスト・脚(太もも)・ヒップ・二の腕などどこでも使用が可能。痩身だけでなく、リンパの流れや血行の改善、セルライトを目立たなくするといった効果も期待できます。また、脂肪吸引のようにお肌の表面に凸凹が出るようなこともありません。わずかな時間で手軽に治療を受けられ、部分痩せだけでなく全体の痩身にもおすすめの治療法です。

施術方法

ドクターによる診察とカウンセリングの後、気になるパーツへと注射します。注射1本で治療できる範囲は、片手を広げたぐらいの範囲です。注射を刺す際に、一瞬チクッと痛みがありますが薬液を注入することによる痛みはありません。注射後のだるさや痛みもほとんどなく、当日の入浴も可能です。通常、2週間程度の間隔で、2~4回の注射を行います。L-カルニチンの場合、アレルギーテストは不要です。しかし、アレルギーが出ないということではありませんのでご注意ください。

ダイエット点滴による治療

ダイエット点滴

ダイエット点滴は高濃度のαリポ酸の注入で、ダイエット、むくみや冷え性の改善、活性酸素の抑制効果もあるため、若返り効果も期待できる点滴療法です。L-カルニチンの同時投与で更なる効果を目指せます。

詳しくはこちら

お薬による治療

お薬

必要に応じてBBX・ゼニカル(脂肪排出)などの内服薬を処方し、ボディーダイエットの継続をフォローします。

BBXとは

BBXには、ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌をコントロールし、改善する基本作用があります。コルチゾールはストレスを受けることで分泌が増し、イライラや記憶力の低下、過剰な食欲などの問題を引き起こすとされる成分です。仕事やプライベート、睡眠不足、きついダイエットなど、様々な要因からこのコルチゾール値の高い状態が続くと、摂取した糖質がどんどん皮下脂肪・内臓脂肪に置き換わり、ストレス太りしやすい体質になっていきます。BBXを服用すると、コルチゾールの過剰な分泌を抑え、無理なく食欲を抑制し、脂質の蓄積を減らすことが可能になります。

服用方法

はじめのうちは1日1錠を、昼食または夕食後に1錠服用してください。もう少し効果を期待したいという方は1日2錠を昼食と夕食の30分前に1錠ずつ服用してください。
BBXの服用により人によっては軽度の下痢や虚脱感、喉の渇きを感じる場合もありますが、これらの初期症状はBBXを継続してお飲みいただくことでなくなってきます。

ゼニカルとは

ゼニカルには、脂肪を体内に蓄積させる酵素「リパーゼ」の働きを阻害する作用があります。食事で摂取した脂分のおよそ30%を体外へ排出するので、食前に服用すれば摂取カロリーを大幅にカットすることが可能です。ただし、消化吸収を阻害するので必然的に下痢気味になります。

服用方法

通常成人は1錠を1日2~3回、食事中もしくは食後1時間以内に経口投与することになります。
また、脂と一緒に吸収されるはずのビタミンAやDが不足し、お肌がカサカサになることもあるので魚や野菜、もしくはマルチビタミンなどのサプリを摂取し補うことも必要です。

Page top