<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

エイジングケア・お肌のハリ・赤ら顔

エイジングケアとは?

エイジングケアとは、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。美容医療におけるエイジングケアとは加齢による身体の衰え「シワ、シミ、たるみ、肌のハリの減少、毛穴の開き、肌の乾燥など」を予防・治療によって改善させることです。広い意味で「年齢を重ねた肌をケアする」ことと言えます。老化を止めることはできません。施術などで老化の速度を遅くし、ある程度現状を維持することは可能です。そのためには若いうちからエイジングケアを始めて長く継続することが必要です。

老化の原因

① 加齢による老化 お肌は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層からできています。顔の老化に主に大きな影響を与えるのは、表皮を支える、真皮層(しんぴそう)とその下にある皮下組織です。真皮層には、ネットのように繊維状になったコラーゲンやエラスチンが分布しそのすき間は、ヒアルロン酸で埋め尽くされこれらが皮膚に弾力をあたえ肌のハリを保っています。また、コラーゲンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞(せんいがさいぼう)も点在しています。老化すると繊維芽細胞が弱り、コラーゲンやエラスチンを作り出す働きが低下します。皮下組織も脂肪や筋肉なので体のほかの部分と同じように老化して減少してきます。真皮層のハリがなくなり、皮下組織の脂肪の減少や筋肉の衰えが顔のたるみやシワといった老化に繋がっていきます
② 紫外線による光老化 光老化とは、慢性的な紫外線傷害です。肌の老化の80%は紫外線といわれるそうです。UVB波(波長 280~315 nm 肌の表面に作用)の紫外線が与える老化への影響は皮膚表面を傷つけ炎症を起こし、皮膚がんやシミの原因になります。UVA波(波長 315~380 nm 肌の奥の真皮まで届く)の紫外線がシミやしわ、たるみの原因になります。
③ 頭蓋骨の老化 老化により頭蓋骨の骨量が減少し土台となる骨が小さくなり表皮がたるんできます。その結果たるみやしわが発生し老けた顔になってきます。主な原因は老化による骨粗しょう症です。
④ 不規則な生活や睡眠不足 食事をする時間や眠る時間が不規則だと美しいお肌は保つことができません。人間の体には、もともと備わっている体内時計があり規則正しい生活をすること、睡眠を適度にとることで健康な体や肌を保つことができます。
⑤ 急激なダイエットや栄養不足 急激なダイエットの結果、栄養の偏りや栄養不足になってしまうと肌は老化が進み、顔にもたるみが目立ってしまいます。急激なダイエットは美容にも健康にも良いことはありません。ダイエットする場合は規則正しい食生活や運動をとりいれて健康的なダイエットを目指しましょう。
⑥ 喫煙 喫煙すると、体の中のビタミンCが破壊されることからコラーゲンが不足し、お肌の老化が進みます。タバコを吸うと、体は異物と判断し活性酸素が大量に発生します。過剰な活性酸素は正常な細胞も傷つけてしまい老化を進行させてしまいます。
⑦ ストレス ストレスは、外的ストレスと内的ストレスの2つに分けられます。
・外的ストレス
紫外線・空気の乾燥・摩擦などの肌への刺激・たばこの煙・ほこりなど
・ 内的ストレス
心理的な疲れ・不規則な生活・睡眠不足・食生活の乱れ・疲労

これら2つのストレスを受けると、体内では血管が収縮し、血流障害が起こります。その結果 活性酸素が発生し老化の進行につながります。さらに、ストレスは自律神経のバランスを崩しホルモンバランスの乱れを起こすことで、いろいろな不定愁訴の原因となります。

美容医療対策

●美容医療としては、主に上記①②③の原因に対する老化予防治療についていくつかのメニューを提供させて頂いております。

加齢による老化

などの治療により繊維芽細胞を刺激しエラスチン・コラーゲンを産生させ老化を防ぎます。
ボトックス注射、ヒアルロン酸注入によりシワを目立たなくします。

紫外線による光老化

頭蓋骨の老化

ビスタシェイプ、ビスタアイなどヒアルロン酸注入(骨の直上に注入し減少した骨の土台を整える方法)とボトックスを併用した施術によるマイルドなたるみの改善としわ治療を行っております。

治療方針

様々な毛穴の種類に合わせた施術をご提案します。効果や痛みの程度などを考慮し、患者様のご要望に合わせたメニューをご提案します。

毛穴のタイプ診断

毛穴にはタイプ別にいくつかの種類があります。

タイプ1
脂肌系
パターン1
皮脂の分泌が多く、毛穴からの脂の排泄が上手くいかず酸化して黒ずんで開いている状態。主に脂肌、ニキビ体質、スキンケアが不十分な方に見られます。
タイプ2
多毛系
同じ黒ずみでも、皮脂のつまりが主体ではなく黒い硬毛が生えて毛穴が黒ずんで目立つ状態。比較的毛深い方に多いタイプです。
タイプ3
たるみ肌系
帯状毛穴といわれる、たるみが原因となった頬の帯状あるいは涙状の開いた毛穴が目立つ状態。皮膚の乾燥、真皮のコラーゲン・ヒアルロン酸の減少だけでなく、脂肪層の急速な減少、筋肉の衰退により生じます。
タイプ4
脂肌系
パターン2
純粋に毛穴が開いている「毛孔開大タイプ」である状態。脂肌の人に多く、処々にニキビ痕が混ざっていることが多く見られます。過去に頻回に毛穴パックをしていた方、自分で脂を出していた人にこのパターンが多いです。
タイプ5
乾燥肌系
皮膚表面の乾燥により毛穴が開いた状態。冬場や乾燥する環境、または一日の終わりに、お肌の水分不足などが原因で発生します。

タイプ別治療法

毛穴の開きの原因、または、部位に合わせた様々な治療法があります。

1.フラクショナル レーザー(アクションII)

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

1回のレーザー照射で、1cmあたり100~1,000ミクロン単位以上の微細な照射をすることで、皮膚のコラーゲンを活性化させ、お肌の再生を促し、ターンオーバーをサポートする治療法です。ニキビ跡・たるみ・毛穴の開きなどを改善します。

2.スイッチアレキサンドライトレーザーによるレーザートーニング(アコレードトーニング)

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

黒い色に吸収されるQスイッチアレキサンドライトレーザーを照射すると、周囲に熱が伝わり、コラーゲンの増生を促進し、毛穴をケアします

3.ハイドラフェイシャル

タイプ145の方におすすめです

詳しく見る

1台で、「マイクロダーマアブレーション(物理的研磨)」「ケミカルピーリング(化学物質的溶解)」「美容成分導入」の3つの作業を同時に行える医療機関専用のピーリングマシンです。余分な皮脂、角質、黒ずんだ角栓やお肌の汚れを徹底的に洗浄・除去し、くすみや色素沈着などを独自のスキンソリューションとチップで取り除きます。また、水流(ハイドロ)でマイルドにピーリングを行い、ハンドピースの中央から美容成分を含んだ薬液を噴射し、チップ中で渦巻き状に回転しながら皮脂や汚れを浮かせます。
剥離された汚れは出口専用の穴から吸引排出されます。同時に美容成分をたっぷり浸透させるため、お肌に余分な負担をかけず、お肌表面はもちろん、毛穴の奥の皮脂もスッキリします。吸引直後から、角栓が除去され、ハリが出るなど、お肌が健康になっていることを実感できます

4.フォトRF

タイプ1234の方におすすめです

詳しく見る

フォトRFは、IPLという光と高周波(ラジオ波・RF)を同時に照射してコラーゲンの増加を促します。お肌の自己再生力がアップし、美白・ハリ・ツヤの効果をはじめ、毛穴のケア、みずみずしい素肌を感じることができ、お肌が若々しくなったことを実感できます。

5.レーザーフェーシャル(エリート)

タイプ1234の方におすすめです

詳しく見る

黒い色に吸収されるアレキサンドライトレーザーと、真皮深くまで作用し皮膚の再生化をさせるヤグレーザーの相乗効果で、強力に真皮の線維芽細胞を刺激し、皮膚の奥からコラーゲン、エラスチンの増生を促進します。ハリ・ツヤの効果をはじめ、シワ、たるみの改善に大変効果があります

6.ケミカルピーリング

タイプ145の方におすすめです

詳しく見る

お一人お一人の肌質・症状に合わせて院内調合した、サリチル酸ピーリング(BHA)やグリコール酸ピーリング(AHA)による『ケミカルピーリング』です。安全性はもちろん、肌トラブルの原因となる古い角質を確実に取り除き、酸がコラーゲンの増生をサポートし、生まれたての美しいお肌へと導きます。

7.ビタミンC導入

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

マイナス電極を使って持続的に弱い直流電流を流し、抗酸化成分を真皮へと浸透させます。コラーゲンを生成する線維芽細胞や、細胞にまでビタミンが届くため、効果が期待できます。

8.脱毛レーザー

タイプ2の方におすすめです

詳しく見る

当クリニックのレーザー脱毛はムダ毛の処理だけでなく、毛穴をケアする効果があります

9.グリシルグリシン(GG)イオン導入

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

グリシルグリシン(GG)は、アミノ酸系の皮膚コンディショニング成分で、保湿性も高く、皮膚中でNMF(天然保湿因子)の働きもします。そのため、毛穴の開きの改善に加え、乾燥気味のお肌の改善にも高い効果を発揮します。
このグリシルグリシンローションをイオン導入します。
ホームケア用のグリシルグリシンローションも施術後のアフターケアとして使用するとより効果的です。

10.ケミカルピーリング+高濃度ビタミン・GGローションイオン導入

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

ケミカルピーリングはフルーツ酸を用いて行い、その後超音波・イオン導入では高濃度ビタミンCを導入していきます。2週間ごとの治療を数回~5回くらい行い、その後はお肌の状態を見ながら1ヶ月ごとに治療するのが理想的です。

11.クリスタルピーリング+ケミカルピーリング+高濃度ビタミン・GGローションイオン導入

タイプ134の方におすすめです

詳しく見る

クリスタルピーリングでは、150ミクロンの超微粒子を用いた物理的ピーリング(※)を行います。ケミカルピーリングや超音波イオン導入を併用することでお肌のターンオーバーが短期間で促進されます。レーザー治療に抵抗がある方にはうってつけの治療です。なお、クリスタルピーリングはできる限り強力に行うことでより効果を高めることができます。
※ケミカルピーリングとは、化学的ピーリングのことです

12.水光注射(非架橋ヒアルロン酸+ボトックス)

タイプ3の方におすすめです

詳しく見る

たるみによって生じた毛穴の場合は、ダーマシャインというマシーンで皮膚を円筒形の5本の張りが付いた注射装置で吸引しながら、真皮層に非架橋ヒアルロン酸を注入し真皮のボリュームをアップ。また真皮層にボトックスを注入することで、軽微なリフトアップ効果も得られ、変形した毛穴をもとの形に整えます

気を付けて! 日焼けはあなたの「キレイ」を奪います! 詳しくはこちら PDF

赤ら顔について

赤ら顔は毛細血管拡張症とも呼ばれ、通常は目に見えないレベルの毛細血管が拡張してしまい、皮下に透けて見えている状態です。

赤ら顔のタイプは、大きく2つに分けられます。
「毛細血管の1本1本を皮下に確認できるタイプ」と「毛細血管が1本1本確認できなくて皮膚全体が赤みを帯びているタイプ」の2つです。

赤ら顔の原因

赤ら顔は、皮下の毛細血管が拡張したままの状態になり、血液がうっ滞してしまうことが原因で起こります。年齢とともに皮膚が薄くなることで、血管が透けて見える場合もあります。
そのほかにも、緊張・温度変化・炎症・ホルモンバランスなど、色々な原因があります。

治療方法

当クリニックでは、毛細血管が皮下に確認できるタイプの方や皮膚が薄くなって血管が透けて見える方に治療をオススメしております。

赤色は赤血球ですので、赤血球をターゲットに治療を行います。赤血球に吸収されやすい波長を有するフォトRFだけでなく、血管の走行がわかる場合はサイノシュアーエリートロングパルスヤグレーザーと使い分けて照射しています。

Page top