<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

目の下・頬のたるみ、消えないほうれい線にお悩みの方

たるみの種類

たるみの種類は主に3種類あります。それぞれのたるみの特徴は次の通りです。

たるみの種類 たるみの特徴
目の下のたるみ 目元が老化するにつれ、眼球のまわりの脂肪を支える下まぶたの皮膚がたるみ、ぷくっと膨らんでくるようになります。初期は「クマが目立ってきた」と感じる人が多いようです。これが進行すると、ポケットのような「涙袋」に変化します。
ほうれい線 ほうれい線とは、口の両側のシワのことです。他の表情ジワと違い、たるみによるものなので、無表情でいるときも消えません。加齢により口元の皮膚がたるみ、同時に頬の脂肪が下がってくることが原因です。
たるみ毛穴 若いうちは真皮にコラーゲンが十分にあり、毛穴をまわりから支えていますが、それが年齢とともにゆるむことで毛穴が開いてきます。これが、たるみ毛穴です。たるみの初期症状だとお考えください。

たるみの原因

たるみの主な原因は加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少、乾燥に端を発しています。主なたるみとその原因は次の通りです。

たるみの種類 たるみの特徴
目の下のたるみ 涙袋と呼ばれる目の下のたるみは、眼球を保護する「眼窩脂肪(ガンカシボウ)」を支える皮膚が緩むことによって起こります。
ほうれい線 口元の皮膚のたるみが原因となり、ほうれい線がハッキリしてくるようになります。
たるみ毛穴 真皮にあるコラーゲンが減少し、毛穴を支えきれなくなり、次第に緩むことによって毛穴が開く症状があります。これが、たるみ毛穴となります。

治療方針・たるみ治療方法

治療方針

たるみの種類 たるみの治療法
目の下のたるみ ヤグレーザーフラクショナルレーザーによるリフトアップを行っています。
ほうれい線 ヒアルロン酸注射、その他にヤグレーザーフラクショナルレーザーによるリフトアップのほか、マイルドな治療としてフォトRFRF(高周波)によるリフトアップを行っています。
たるみ毛穴 ヤグレーザーフラクショナルレーザーによるリフトアップが基本的な治療法です。マイルドな治療としてフォトRFRF(高周波)によるリフトアップを行っています。

たるみ治療方法

ヤグレーザー(エリートnd ヤグレーザー)

真皮の毛細血管(ヘモグロビン)や繊維牙細胞(水)への反応効果を利用して、皮膚の深部へ熱エネルギーを与え、活性化させます。そうすることで、繊維牙細胞からコラーゲンやエラスチン産生を促し、肌のハリやきめ、小ジワの改善、タイトニング効果が期待できます。

フラクショナルレーザー(エルビウムヤグレーザーアクションII)

皮膚に極細かな穴を開けるレーザーのことで、レーザービームにより肌に微小な点状の穴を作り、熱エネルギーを与えながらまわりの皮膚細胞の活性力を高めます。この治療法により、再びハリのあるみずみずしい肌をもたらすことができます。今まで難しいと言われてきた傷跡やにきび痕の凹凸、加齢による毛穴の開き、小ジワ、たるみを改善していきます。

フォトRF

コラーゲンの生成を活性化して、シミ・そばかす・くすみ、ニキビ、赤ら顔などを総合的にケアできる光治療(フォトセラピー)に高周波(RF)をプラスし、真皮層まで到達して毛穴、ハリ、シワ・小ジワ、たるみの改善に効果を発揮します。

RF高周波

皮膚の深い部分にある真皮に熱効果を与え、コラーゲンやエラスチンに働きかけることで、たるみを改善するリフトアップ効果と老廃物を取り除く効果が期待できます。

ヒアルロン酸リフト VISTA-シェイプ

従来のヒアルロン酸注入は、シワやくぼみがある部位に注入する方法が一般的でした。当クリニックで行っている治療は、眉の外側上方、こめかみから頬にかけて(つまり加齢によって減少した皮下組織のくぼみの部分に)ヒアルロン酸を注入して本来あるべきボリュームに近づける方法です。また、頬の中顔面の部位にもヒアルロン酸を注入すると、頬全体のリフトアップだけでなく、フェイスラインをV字や卵型にできる効果もあります。

たるみ治療の流れ

1クレンジング

目の下のたるみ部分をクレンジングします。

2治療準備

治療室にご移動いただき、ベッドに横になっていただきます。麻酔が必要な方は、麻酔クリームを塗布して30分ほどお待ちいただきます。
※表面クリームは別途料金になります(1本 1000円+税)

3レーザー照射

気になる部分にレーザーの光を照射していきます。

4治療終了後

クーリング後、化粧水・日焼け止めをお塗りします。

小顔治療について

エラボトックス・ボツヌリストキシン注射(プチ小顔整形)

エラが張っている気になっている方にお勧めの施術です。顔が大きくみえる理由は、大きく分けて2種類あります。

1. 骨格そのものが大きい
骨格そのものが大きい人は筋肉が弱まったとしても骨に影響はないため、ボトックス注射をしてもあまり効果は期待できません。美容整形で顔を小さくしたいなら、顔の骨格を削る施術を選んだ方がいいかもしれません。
2. エラの筋肉が張っている
一方、骨格が大きいのではなく、エラの筋肉が張って顔が大きく見える人がいます。奥歯を噛んだときに耳の下にふくらみが出るなら、噛む力が発達しすぎてエラ部分の筋肉が張ってしまっている証拠です。
この2.エラの筋肉が張っているタイプの“エラ張り顔”を改善するのに最適なのが、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射です。エラボトックスでは、エラ張りの原因となっているエラの部位にある咬筋という筋肉中にボツリヌス菌毒素製剤を注入することで、咬筋の収縮が抑えられます。ボトックスで収縮を抑えられた咬筋は、使われなくなり委縮します。

施術方法

  • ・施術時間は10分程で終わり注射を行って、約3週間~4週間後くらいから、ダイエットに成功したように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェイスラインに。
  • ・効果は半年~1年程(個人差あり)で、繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。また、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射をすると咬筋の緊張が緩和されることから、顎関節症や歯ぎしりを改善する効果もあります。

輪郭注射

顔に脂肪がついてぽっちゃりした方にお勧めの施術です。気になる顔の脂肪がついたフェイスラインや頬の部分にメディカルハーブを主成分とする「Lipotrofin™+Metabolites™」という薬剤を注射。これらの薬剤が脂肪分解・血流と代謝の促進」および「脂肪を燃焼して代謝を促進」の相乗効果でフェイスラインをすっきりと整える“切らない”小顔治療です。

輪郭注射の主成分

1.Lipotrofin™ 血流、リンパ流の促進作用
輪郭注射は西洋トチノキから抽出される「サポニン」、西洋クルミから抽出される「αリノレン酸」、チロシンなどの成分で構成されているので、ハーブもしくはメディカルハーブとして取り扱われています。
2.Metabolites™ 代謝促進と脂肪分解作用、肥満改善
もう一つの輪郭注射の薬剤は海藻由来の「ヒバマタ」です。ヒビマタに含まれるのFucus VesiculosusExtractという成分は「お肌改善」「皮膚弾力性向上」「セルライト軽減」に有効だと言われています。メタボライツは脂肪を分解してさらに代謝を促進します。

施術方法

  • ・施術時間:10分程度(麻酔クリームをご希望の方は麻酔クリームを塗って30分ほどしてから注射をします)
  • ・治療の目安は1回の施術で効果が現れることもありますが、十分な効果を得るためには通常1~2週間間隔で5回以上受けて頂くことを推奨しています。
エラボトックスと輪郭注射の併用治療もお勧めです。
Page top