<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

院長ブログ

うっかり日焼け、その後の対策はどうする?

2018.08.18 院長ブログ

うっかり日焼け、その後の対策はどうする?

日焼け後のゴールデンタイム!

うっかり、紫外線対策をせずに日焼けをしてしまい、「あせる!」なんてことは誰にでもありますよね。

そんな場合でも、72時間以内であれば、打つ手はあります!

日焼けに関しては、この72時間以内というのがゴールデンタイムなのです。

サンバーンとサンタン

日焼けに関する紫外線はUVAとUVBがあります。

日焼けをして、数時間で皮膚が赤くなり、炎症を起こすことはサンバーンと言い、UVBによるものです。
そして残念ながら、サンバーンを防ぐことはできません。


日焼けをして、皮膚が黒くなることをサンタンと言い、UVAとUVB両方によるものです。
サンタンは、日焼けをしてからすぐに起きるものではなく、約72時間(3日)してから、皮膚でメラニンが生成される量が増えることによります。

サンタンをやっつけろ!

このサンタンに対しては、日焼け後でも打つ手があるのです!

①内服薬

ビタミンC
・ビタミンE
トラネキサム酸

皮膚のターンオーバー(入れ替え)が約1ヶ月で起きることを考え、日焼けしてから1ヶ月間は内服した方がよいでしょう。


②美白点滴
・皮膚の新陳代謝を促す(デトックス・ブライトニング点滴
・メラニンの生成を抑える
・体の酸化(サビる)のを抑える(高濃度ビタミンC点滴

効果は点滴後、約7時間から現れます。


③イオン導入
電気の力で、薬剤を皮膚に浸透させるエレクトロポレーションという手法です。

イオン導入には何種類かありますが、サンタンを抑える目的では、ビタミンCトラネキサム酸が良いです。


避妊に失敗した際にアフターピルというものがありますが、ニュアンスとしては、少しそれに似ています。

もちろんしっかり紫外線対策をして頂くのがベストですので、あくまで、緊急避難的なものと考えて頂くとよいです。

24時間受付中
診察、施術、お支払いなどの質問もOK

〒323-0014 栃木県小山市喜沢1475
ハーヴェストウォーク PARK TOWN EAST 2F

Page top