<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

Beauty Column

秋にやるべきスキンケアとは?

2018.10.06 Beauty Column

秋にやるべきスキンケアとは?

夏ダメージを補修して美肌力アップ!

夏の暑さも和らぎ過ごしやすい季節「秋」。
紫外線も夏より少なく、冬のような厳しい乾燥もないため、ついついスキンケアも小休憩してしまいがちですが、秋のお肌は夏の疲れが残っており、実はとてもデリケートな状態です。

この季節にスキンケアの手を抜いてしまうと、その後「冬」の乾燥にお肌が付いて行けず、肌トラブルが深刻化する原因になることもあります。

夏のダメージを修復し、冬の乾燥に備えるために、秋のスキンケアに力を入れていきましょう!
秋にやるべきスキンケアとは?

秋の肌はどんな状態?

夏の間、強い紫外線に晒されて、エアコンの乾燥によって蓄積されたダメージは、夏の終わりから秋が始まる時期にかけて一気にお肌へ現れてきます。

そのため、秋の肌状態はあまり良好とは言えず、くすみやシミなどの肌トラブルが起こりやすい傾向にあります。
また、夏に比べ気温が下がるため、皮脂や汗の量が減少し、肌は乾燥に傾いてしまいます。

この状態で冬を迎えてしまうと、肌は冬の激しい乾燥に対応しきれず、シミやシワを定着させてしまう原因に。
「秋」のスキンケアは、今後の肌状態を左右する要ともいえる、とても重要なものなのです。
秋にやるべきスキンケアとは?

秋に行うべきスキンケア方法のポイント3つ

1、夏の疲れを癒す「保湿ケア」
秋のスキンケアでまず重要なのはやはり「保湿」。
夏のダメージと秋の気温により乾燥しやすいこの時期の保湿スキンケアは、冬の乾燥に耐える肌の強さを培うためにもしっかりと行いましょう。

朝晩の洗顔後に保湿成分が含まれた化粧水・美容液・乳液などでスキンケアをしていくことももちろん大切ですが、時には集中ケアを取り入れていくのもよいでしょう。
入浴後やホットタオルで肌を温めた後のスキンケアは浸透が良くなっているので、特に力を入れて行うと効果的です。

ヒアルロン酸やプラセンタ・アミノ酸などの保湿成分が配合されているものや、乾燥により失われやすいセラミドの入った美容液などを使用し、効率的に保湿ケアを行っていきましょう。


2、紫外線対策・美白ケアも抜かりなく!

夏に比べ日差しが柔らかく感じる秋ですが、紫外線の量は真夏の40~70%程あるため、やはり紫外線対策を疎かにするのはNGです。

油断していると夏の紫外線ダメージを回復するどころか、更に肌状態を悪化させ、老化を進行させる原因になってしまいます。
日焼け止めはもちろん、化粧下地やファンデーションなどにもUVカット機能があるものを使い、毎日忘れずに紫外線ケア継続していきましょう。

また、紫外線により肌に蓄積されたメラニンを解消していくためには美白ケアも効果的で、ハイドロキノンビタミンC誘導体などの美白成分が含まれたアイテムを使い、肌のくすみやシミを薄くしていく対策も同時に行っていくことが大切です。


3、食事・睡眠しっかりと

スキンケアや紫外線対策などの「外側のケア」をより効果的にしていくためには、生活習慣を正していく「内側からのケア」も必要不可欠な要素です。
肌の状態を保てるよう睡眠をしっかり取り、偏った食生活は見直していくことが大切です。


夏のダメージが蓄積された「秋の肌」ですが、丁寧にケアを続けていくことで効果が出やすいという特徴もあります。
しっかり秋のスキンケアを取り入れて、去年よりも1段階美しい肌作りを始めていきましょう!

24時間受付中
診察、施術、お支払いなどの質問もOK

〒323-0014 栃木県小山市喜沢1475
ハーヴェストウォーク PARK TOWN EAST 2F

Page top