コラム

column
院長ブログ

コロナ禍での美容対策

コロナ禍での美容対策

 

コロナ禍で、肌は未だかつてない試練と戦っている!

新型コロナウイルスにより、日々の生活の中でマスクが欠かせない状況になっています。

 

ようやく少し春を感じられる日も訪れるようになりましたが、猛暑日が続く灼熱の中でもマスクを着用しながら過ごさなくてはいけなかった昨夏は、未だかつてないありえない異常な状態でした。

 

マスクによる肌トラブルを抱える方が後を絶たないのは、致しかたないことなのです。

 

マスクを装着していることによる物理的な皮膚との摩擦は、少なからず皮膚への負担となりますし、暑さによる蒸れや汗で湿った状態が続くことは雑菌が増殖するのに持ってこいの状態で、普段、肌に悩みを抱えることのない人にも湿疹やかぶれ、ニキビ、ヘルペスなどの肌トラブルは容赦なく襲いかかっています。

 

マスク皮膚炎によるトラブル回避

こういった症状を改善するためには単純明快、シンプルに【マスクをやめる】のが一番ですが、それがまだ難しい状況です。

 

今では色々なマスクがありますから、お肌に合った素材のマスクを見つけることも、一つの道かもしれません。

 

私は美容皮膚科医の立場として、肌を守るだけでなく、攻めの医療美容で対応する施術をお勧めしたいと思います。

 

出来てしまったニキビを早くキレイに治したい!

まずは皮膚科を受診して、保険診療のお薬をもらうことが先決ですが、保険診療のお薬は思春期ニキビを対象にしたものが多く、大人ニキビにはあまり効果的でない場合が少なくありませんので、思春期のお子様であれば「皮膚科」優先です。

 

大人のニキビの方々は『美容皮膚科』でのケアがお勧めです。

 

大人ニキビや肌荒れにお悩みの方々にまずお勧めしたいのは、お肌の徹底洗浄【ハイドラフェイシャル】です。

 

普段のお手入れでは行き届かない奥の奥の汚れまで、ごっそり洗浄してくれる最先端のお肌ケアです。

 

マスクの下に貯まった汚れやストレスも一緒に洗い流してしまいましょう。

 

ホームケアで出来ることは2つ

マスクをしながら、肌荒れを完璧にホームケアで防ぐことは可能でしょうか?

 

残念ながら限界があると思います。

日焼け止めやファンデーションを見直したり、洗顔方法を変えるなど個人に適した工夫は有効だと考えます。

 

明らかにマスクが悪さをしていると分かっている状況ですが、マスクにあらがう事が出来ない以上、肌トラブルは甘んじて受け入れるしかないのでしょうか?

 

少人数のお食事やリモート会議など、マスクから解放される時間が必ずあると思います。

 

そんな時にマスク美人ではなく、スッピン美人でいるために、肌荒れから身を守る、普段のホームケアで大事なことをお伝えします。

 

それは「保湿」と「紫外線防御」の2つです。

 

保湿を意識するとは?

保湿というと、化粧水をたっぷりつければいいのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、化粧水単品に十分な保湿効果は期待できません。

 

化粧水の99%近くの成分はほぼ水ですから、化粧水を付けただけでは肌の水分を蒸発させ、逆に乾燥を招く要因になりかねません。

 

一時的には潤いを感じていらっしゃるかもしれませんが、実際に重要なのはその後、お肌の水分の蒸発を防ぐクリームや油分です。

 

シンプルにワセリンやプロペトも効果的ですし、ベビーオイルなどの油分も水分を閉じ込め、皮膚からの蒸散(水分の蒸発)を防ぐのに効果的です。

 

その他、様々な効能を持たせた機能性化粧品も各種販売されていますが、美白やコラーゲン生成など化粧品で補完できる効能には限度がありますから、あくまでも「保湿をしっかり行う」という意識を大事にしてください。

 

日焼け止めの正しい使い方とは?

紫外線対策はもちろん、「日焼け止めクリーム」です。

 

これからの季節、紫外線は夏に向けてどんどん強くなっていきます。

 

とても過ごしやすい気持ちいい春の季節は本当に短いですが、屋外に長くいるような時には忘れずに塗っておきましょう。

 

クリームはパール2つ分、ローションは500円玉相当の大きさの量が推奨です。

 

ほとんどの方が、日焼け止めクリームの量が少なすぎますので、注意してください。

 

お気軽に何でもご相談ください!

肌はまだまだコロナ禍によって、厳しい局面に立たされ続けています。

 

マスク美人ではなく、スッピン美人であるために、お手伝いできることが多くあります。

 

沢山の魅力的な選択肢をご用意して、クリニックでお待ちしています。

 

どんな些細なお悩みでも、必ずやお役に立てると思います。

関連記事

コロナ禍での美容対策
コロナ禍での美容対策
PAGE TOP