ニキビ・ニキビ跡

acne scars
シワMV

コンテンツ一覧

ニキビ・ニキビ跡とは?

ニキビとは、毛穴に発生する慢性炎症性疾患、または炎症を起こす前の皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に溜まった状態のことで、医学的には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる立派な皮膚疾患の一種です。
軽い症状を含めると、成人の約90%もの方が、この病気を経験していると言われています。
身近な病気だけに、自己流の間違ったケアを行い悪化させてしまうケースや、ニキビ跡が残ってしまうケースも少なくありません。



また、ニキビ跡とは、ニキビが治った後でも赤みや色素沈着、クレーター(凹み)などが残っている状態のことです。
肌のバリア機能が低下した状態で炎症が続くと、細菌がみるみるうちに繁殖し、真皮層や皮下組織にまで修復が難しいダメージを与えてしまい、ニキビ跡となってしまいます。
そのため、できてしまったニキビのケアを十分に行わず、放置しているとニキビ跡になる可能性が高くなります。

ニキビの原因

思春期のニキビは性ホルモンの働きが活発になり、皮脂の分泌が増加することが原因です。
これに対し、20歳以降にできる大人のニキビには、以下の様々な要因があります。



  • 皮脂が過剰に分泌される
  • 毛穴周辺の角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまう
  • 間違ったスキンケア、化粧品選び
  • 睡眠不足
  • ストレスによるホルモンの乱れ
  • タバコによる血行不良
  • 過度なダイエット

ニキビの種類と進行

微小面皰(びしょうめんぽう)
微小面皰(びしょうめんぽう)

【症状】

ニキビの最初期で、毛穴が角栓によってふさがれた直後の状態で、微小面皰(びしょうめんぽう)と言われています。
この段階のニキビは、肉眼で確認することが難しいため、見つけて治療することはほとんど不可能です。

白ニキビ
白ニキビ

【症状】

面皰の中に脂質が溜まり始めた状態で、コメドと呼ばれる段階です。
白いニキビに見えるので白ニキビとも言われます。 薬によく反応するので、この段階で治療を開始すれば、ニキビ跡を残さずに治療することが可能です。

【治療法】

黒ニキビ
黒ニキビ

【症状】

面皰から脂質が外にはみ出してきた状態です。
空気中の酸素によって酸化され、外にはみ出した脂質の一部が黒くなってきます。
もっと進行すると炎症が酷くなるので、この段階で治療しなくてはいけません。

【治療法】

赤ニキビ
赤ニキビ

【症状】

ニキビにアクネ菌が感染し、炎症が発症してしまった状態です。
この段階になると、一般的な治療をしてもキレイに治療することが難しくなります。
また、赤ニキビになるとニキビ跡が残る可能性も高くなります。

【治療法】

※ 抗アンドロゲン薬は、成人女性のざ瘡のみの適応

黄色ニキビ
黄色ニキビ

【症状】

赤ニキビの炎症がさらに進行し、先端部分に膿が溜まっている状態です。
ここまで悪化してしまうと、ニキビの炎症が改善しても瘢痕が残ってしまいます。

【治療法】

※ 抗アンドロゲン薬は、成人女性のざ瘡のみの適応

紫ニキビ
紫ニキビ

【症状】

ニキビが多発し、炎症が波及して広がって大きく腫れあがっている状態です。
真皮まで炎症が深達してしまうので、炎症が改善してもクレーター状になってしまいます。
ここまで放っておくと大変なことになりかねません。

【治療法】

※ 抗アンドロゲン薬は、成人女性のざ瘡のみの適応

ニキビ跡の種類

色素沈着タイプ

赤みはないものの、シミのような茶色いニキビ跡が残ることがあります。
炎症によってシミの元となるメラノサイトが刺激され、メラニンが生成されることでニキビの赤みが茶色くなり、そのまま色素沈着することでニキビ跡ができます。
健康な肌では ターンオーバーがスムーズに行われていますが、ニキビができてしまった肌はターンオーバーが乱れて古い角質が残り、メラニンも分解・排除されないままになるため、色素が沈着してニキビ跡になります。

赤みタイプ

赤みのあるニキビ跡ができる原因は、炎症、または皮下の血管などが見えていることが挙げられます。
ニキビは毛穴に老廃物や皮脂が詰まり、肌が炎症を起こすことで出来ますが、この炎症が続くとニキビが治った後も肌に赤みが残ってしまうことがあります。
また、ニキビが治ってから半年以上経っているのであれば、ダメージによって皮膚が薄くなり、血管などが透けて見え、赤みがより目立っていることが考えられます。

クレーター(凹み)タイプ

ニキビを放置したり、ニキビを触りすぎて潰してしまったりすると、肌の表面が陥没してしまうケース(クレーター)もあります。
ニキビの炎症がひどくなると、白血球による炎症を抑制しようとする働きによって皮膚の真皮層も破壊されていき、ターンオーバーができない真皮層では肌が完全には修復されず、クレーター状になります。

ニキビ跡診断チャート

質問に対してYes or Noでお答えいただき、最適な治療法を導きだしてください。


治療メニュー

ニキビの症状は患者様ごとに異なるため、経験豊富なドクターの診断のもと、適切な治療を受けることが大切です。
軽症から重症まで、ニキビは段階によってそれぞれ治療方法が異なるため、当クリニックでは比較的マイルドな外用薬やピーリングといった治療から、本格的なレーザーを用いた治療まで幅広く行っています。
しっかりとしたカウンセリングのもと、患者様お一人お一人に合った最適なメニューをご提案しています。

ニキビ治療

表皮の古くなった角質を科学的に融解して剥離、除去する治療

特長

  • 毛穴の引き締め効果
  • 肌のターンオーバーの正常化
  • 皮脂分泌を抑制
  • 抗菌作用

料金

全顔 7,700円

余分な皮脂や角質といったお肌の汚れを徹底的に洗浄・除去する治療

特長

  • 即効性あり
  • 痛みやダウンタイムがない
  • オイリー肌、ニキビ肌の改善
  • 肌のターンオーバーを整える

料金

全顔 19,800円

白ニキビ・赤ニキビで未治療の方の保険診療処方での内服・外用薬による治療

特長

  • ご自宅でできる治療
  • 安価な治療
  • ピーリング効果のある外用薬はダウンタイムあり(赤み・ひりひり感、かさつきが出現)
  • 治療期間は2~3か月は必要

料金

保険診療負担分

皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑制し、角質を剥がれやすくさせてニキビを改善する治療

特長

  • ご自宅でできる治療
  • 保険診療薬よりピーリング効果や皮脂分泌抑制効果が期待できる
  • 赤み・かさつき・ヒリヒリ感などのダウンタイムあり
  • 白ニキビ・炎症性ニキビ・重症ニキビにも効果が期待できる

料金

トレチノイン(0.075%)5g  3,850円

ニキビの原因の一つであるアンドロゲンというホルモンの産生を抑制し皮脂の分泌や毛包の角化を抑える治療

特長

  • 成人女性のニキビに効果あり(特に顎下にできる赤いニキビ)
  • 月経不順のある方に効果が期待できる
  • 胸や背中など広範囲にわたるニキビに効果が期待できる
  • 顔面の皮脂が多い方に効果が期待できる

料金

スピロノラクトン錠(30日分) 3,960円

保険診療などで治療しても改善しない多発する重症ニキビの治療

特長

  • 重症ニキビの改善
  • 皮脂の分泌を強力に抑制
  • 一日1回の内服
  • 15歳以上の方に処方

料金

イソトレチノイン内服薬(30日分) 16,500円

ニキビ跡治療

ピコレーザーで皮膚細胞の再生力を活性化し、肌質改善を図る治療

特長

  • 皮膚表面のダメージを抑えられる
  • ダウンタイムは短め

料金

半顔 1回 22,000円

炭酸ガスレーザー照射によって皮膚に微細な穴を開けることで、皮膚を新生させる治療

特長

  • 4種類のフラクショナルモード
  • ニキビ跡の状態により最適な治療が選べる

料金

部分 18,700円

超極細針を使用して肌の表面に小さな穴を一時的に作り、肌の自然治癒力を向上させる治療

特長

  • 痛み、出血ほぼなし
  • ダウンタイムは短め
  • 効果別の薬剤を導入できる

料金

半顔(ベーシック)初回 13,200円

特定の1種類の波長ではなく8種類の波長で、幅広い効果の期待ができる治療

特長

  • ダウンタイムほぼなし
  • 8種類のフィルターで複数の効果を発揮
  • レーザー治療に比べ穏やかな治療

料金

半顔 1回 13,200円

真皮に熱エネルギーを与えて繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの増成を促す治療

特長

  • 美肌効果も期待できる
  • ジェル不要
  • 非接触ハンドピースで衛生的

料金

半顔 1回 13,200円

低出力のレーザーを照射することで、シミ・肝斑・くすみを徐々に除去するマイルドなシミ取り治療

特長

  • 顔全体のトーンを上げる
  • シミの予防効果あり
  • 肝斑・くすみにも効果を発揮
  • ダウンタイムが非常に短い
  • 続けていくと色ムラがなくなる

料金

全顔 27,500円

治療の流れ

1洗顔

2カウンセリング

3診察

4施術

5アフターフォロー

【ドクターからの一言】

繰り返しできるニキビや、ニキビ跡になってしまい諦めかけているという方も美容皮膚科ならではの治療を始めてみませんか。
保険医療機関にはない施術や薬も受けられますので、なかなか治らないひどいニキビにお悩みの方はもちろん、早期に治療して赤みや瘢痕を残したくない方も、私たちと一緒に治療していきましょう。
保険診療で治らなかった方もあきらめずに、まずはお気軽にご相談ください。
栃木県小山市を始めとして結城市、筑西市、下野市でニキビ治療をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

よくある質問

A.皮膚科は保険診療の中で、日々の生活に影響のある疾患を治すということを目的としているため、今できているニキビを治療するための外用薬や内服薬の処方を主に行います。
一方、美容皮膚科は保険診療・保険外診療に関わらず、患者様の美しさやお悩み解決のための治療を行っていきます。
今できているニキビを治療することはもちろん、悩みのない美しい肌のためにニキビができにくい肌質への改善やニキビ跡の改善までのお手伝いを致します。

A.ニキビは大きな悩みとなりますし、放置して悪化してしまうと深刻なニキビ跡になってしまうことも少なくありません。
当クリニックでは、患者さま一人一人の肌質や生活習慣に合わせた治療を提案しています。
症状の状態によっても適した治療は異なりますが、回数を重ねるごとに症状が気にならなくなり、生活習慣への指導もいたします。
理想的な回数は人によって異なりますので、早期の段階でご相談ください。

A.治療中に注意したいことは、既にできている顔のニキビを自分の手でつぶさないことです。
自分の手でつぶした場合、周囲の皮膚が傷ついてしまい、肌トラブルを起こす場合があり、また、膿が皮膚の下で破裂してニ キビ跡ができることがあります。

A.ニキビ治療のタイミングは何歳になったからということではなく、ニキビに気付いた時となります。
ニキビは放っておくと進行したり、何度も出てきたりするので、出てきたことに気付いたら早く治療を受けることが大切です。
多くの人は30代半ば頃から加齢と共に皮脂分泌量が減っていくので、悩む人は全体的には少なくなりますが、大人ニキビという言葉があるように、一旦治ったと思っても再び出てくることもあります。

A.ニキビ治療後に自宅でできるケアとしては、まず清潔に洗顔しておくこと、その後には化粧水などで保湿をすることです。
肌を保湿しすぎると逆にまたニキビができそうだと思う人もいるかもしれませんが、乾燥からできてしまうニキビもあるので、毎日しっかり保湿ケアをしなければいけません。
毎日お化粧する方は、ファンデーションなどが毛穴につまらないように気を付けなければいけません。
ニキビ跡が気になるからといってコンシーラーなどを塗りたくるのもNGです。

A.ニキビが発症しないよう注意することは食生活で、ニキビの根本的な問題は身体の中にあります。
砂糖やカロリーが多い食べ物ばかりでは、ニキビが発症してしまうのも無理はありません。
ケミカルな食べ物、砂糖や油もの、欧米食は控え、野菜メインの和食を意識するようにしましょう。
また、食生活だけではなく生活習慣にも気を付けましょう。
十分な睡眠をとる、ストレスを溜めない、スキンケアを正しく行うなどが非常に大切です。

料金一覧
(料金はすべて税込金額となります)

ケミカルピーリング

【リスク】皮膚の発赤、ほてり・皮膚の剥落

ハイドラフェイシャル

【リスク】薬剤によるアレルギー・一時的な炎症やつっぱり感・皮膚の発赤・わずかな腫脹

外用薬

【リスク】発赤、紅斑、痒み、皮膚の剥落

内服薬

【リスク】(スピロノラクトン)肝斑、多毛、発疹(イソトレチノイン)流産・催奇性

ピコフラクショナルレーザー

【リスク】赤み、腫れ、あざ、出血、熱傷、発疹、瘢痕、軽い出血、色素脱失、色素沈着

CO2レーザー

【リスク】水疱、瘢痕形成、点状出血、感染症、色素脱失、色素沈着

ダーマペン4

【リスク】 赤み、膨疹、皮膚の乾燥

IPL光治療

【リスク】肌のほてり、発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)

レーザーフェイシャル治療

【リスク】水疱、点状出血、色素脱失、色素沈着

ピコレーザー

【リスク】肌のほてり、発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)

PAGE TOP