<診療時間>
休診日・木曜日
月~土 10:30~13:00 14:30~19:00
祝・日 10:30~13:00 14:30~18:00

0120-083-871

医薬品

トラネキサム酸(トランサミン)

2018.06.16 医薬品

トラネキサム酸(トランサミン)

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持ちます。

湿疹やじんましんの治療、出血を止める目的などで長く医療の現場で用いられています。

1979年に肝斑の改善効果が報告されたことで、肝斑の治療としても使用されるようになり、現在は肝斑改善やシミ、そばかす治療のための内服薬としても使われています。



◆トラネキサム酸の特徴と効果
トラネキサム酸の特徴は抗プラスミンの作用です。

肌が紫外線等の刺激を受けると、メラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されます。
その際に、トラネキサム酸はシミを発生させるプロスタグランジンという物質の伝達を阻害するので、メラニン生成が抑制されるのです。

肝斑の仕組みはメラノサイトが活性化すると生じると考えられていますが、メラノサイトの活性化を促進させる物質として、プラスミンという物質があります。
プラスミンはたんぱく質を分解する酵素で、血液を溶かす働きがあり、アレルギーや炎症の原因ともなります。
トラネキサム酸はプラスミンの血液を溶かす働きを抑制する効果があり、これが止血作用にもなるのです。

同時に、プラスミンのアレルギーや炎症を起こす作用も抑えるので、アレルギー症状や腫れなどの症状にも効果があり、口内炎や湿疹、じんましんなどの治療に使われています。

トラネキサム酸の副作用、服用する際の注意点

◆トラネキサム酸の副作用
トラネキサム酸は、安全性が高い薬で、副作用はほとんどないとされています。
まれに、食欲不振や吐き気が出ることがあるとはされていますが、あまり心配しないで良いでしょう。


◆トラネキサム酸の注意点
トラネキサム酸は止血作用があるので、別の止血薬であるトロンビンとは一緒に服用できません
両方を摂ることで、血栓が生じやすくなるからです。
心筋梗塞、脳血栓、血栓性静脈炎などの症状がある人、または術後などで日中も寝た状態の人、圧迫止血の処置中の人、腎不全の人も要注意です。

トラネキサム酸の飲み方

◆トラネキサム酸商品詳細◆
・医薬品
・錠剤
・1ヶ月分 3,240円(税込)

*シナール(ビタミンC)も服用すると相乗効果でさらに期待ができると言われています。

◆服用方法
・トラネキサム酸はトランサミンとして処方されています。
・1日に3回~4回に分けて服用します。

個人差はありますが、効果が出始めるのは内服を開始して3ヶ月経過したくらいなので、内服療法は3ヶ月は飲み続けることが基本となります。

内服療法は飲み続けていると効果がわかりづらいものですが、何らかのきっかけで止めると、やはり飲んでいたときの方がお肌の調子が良いと言う方が多いです。

24時間受付中
診察、施術、お支払いなどの質問もOK

〒323-0014 栃木県小山市喜沢1475
ハーヴェストウォーク PARK TOWN EAST 2F

Page top