治療から探す

treatment
機械機器治療

ピコフラクショナルレーザー

ピコフラクショナルレーザー

 

ピコフラクショナルレーザーとは?

フラクショナルレーザー治療とは、お肌に対して目に見えない程の極小の穴を無数に作り、この技術を搭載したレーザーをフラクショナルレーザーとよびます。

 

肌を入れ替える種類のレーザーで、従来からフラクショナルCO2やフラクショナルRFなど様々な種類があります。

 

肌の再生力によってコラーゲンを活性化させ、老化した肌自体を入れ替えることにより、新しい肌に生まれ変わらせることができ、ダメージを受けた皮膚は、創傷治癒過程においてコラーゲンの新生・増殖が起こることで、リフトアップ効果や肌の弾力を取り戻し、肌細胞を内側から若返らせることができます。

 

肌を改善するだけではなく、肌を入れ替えて若い頃の肌に戻す治療を行えるのがフラクショナルレーザーの特徴です。

 

 

▶エンライトンSR

エンライトンSRは特殊なハンドピースを装着することにより、剣山のように細かいレーザー照射することができます。

剣山のように細かいレーザーを照射すると、皮膚の内側に細かい穴を空け、穴があけられた皮膚組織が肌を再生するために、コラーゲンやエラスチンを増加させ、急激に新しい肌がつくられていきます。

 

従来はCo²レーザーと呼ばれる機械を使用していましたが、表面に穴を空けるので、比較的長いダウンタイムが発生していました。

 

しかし、ピコフラクショナルでは、表面を傷つけることなく真皮まで届く、フラクショナル照射が行えるので、シミ治療と同時にシワやニキビ跡などの肌質改善治療も同日に行え、1台でトータルな若返り治療が可能となっています。

 

 

ピコフラクショナルレーザーの効果

☑ ニキビ跡の改善

☑ 毛穴の開きを改善

☑ たるみの改善

☑ 肌質改善

 

 

ピコフラクショナルレーザーのメカニズム

ピコフラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーで肌に微小な穴を空け、フラクショナルレーザーを当てられた皮膚は一時的にダメージを受けますが、再生能力によって徐々に修復されていきます。

その結果、新しい皮膚細胞に入れ替わっていきます。

ニキビ跡、毛穴の開き、肌のハリ・小ジワなど改善効果が期待できます。

 

 

■他の治療法との違い

  ダーマペン4 ピコフラクショナルレーザー
治療法 微細な針で肌に高密度な穴を開ける レーザー照射
効果 毛穴 ニキビ跡
リスク 出血する場合あり 色素沈着やカサブタ
ダウンタイム

赤み(1~2日程度)

内出血(1週間程度)

赤み(当日~3日程度)

皮膚のザラつき(1週間程度)

導入薬剤 肌質や悩みに合わせ選択可能 なし

 

 

こんな方にオススメ!

☑ ニキビ跡にお悩みの方

☑ 毛穴の詰まり・開きが気になる方

☑ 小ジワが気になる方

☑ 従来のCO2フラクショナルレーザーの痛みで続けられなくなってしまった方

 

 

ピコフラクショナルレーザーの治療内容

■治療の流れ

【① カウンセリング・診察】

・ご希望をお伺いし、治療の詳細や効果、ご質問、ご料金など詳しくご説明いたします。 

 ↓

【② 洗顔】

・メイクや肌の汚れを全て落とします。

・メイク落とし、洗顔料はご用意しております。

*スムーズに施術を行うために、なるべく薄化粧でのご来院をお願いしております。(特にラメ入りのメイクは落としにくいので、施術当日は避けてください。)

 ↓

【③ 施術】

・機械のパワーを患者様のお肌に合わせ、調整します。

・痛みがどうしても気になるという方に対してはクリーム麻酔対応可能です。(麻酔クリームは別途料金)

 ↓

【④ クーリング】

・10分ほど施術部分を冷やします。冷やすことで赤みを最小限に抑えられます。

 ↓

【⑤ アフターケア】

・施術後は一時的に、お肌はデリケートとなっておりますので、お肌をこするなどの刺激は避け、十分な保湿・UVケアを行ってください。

・治療後に気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

 

 

■治療内容

施術時間 10~20分程度
治療回数 1回の治療で肌の10~15%が再生されるため、3~4回ほどで効果を実感できます。
痛み チクチクと針で刺されているような感じ(クリーム麻酔対応可能)
ダウンタイム 2~6日ほど
洗顔 当日より可能
シャワー 当日より可能
メイク 翌日より可能
日焼け 治療前後は特に日焼けには注意し、毎日、日焼け止めを使用してください。
その他

・治療後、数日は乾燥しやすく、日焼けもしやすいので、保湿や紫外線対策はしっかり行ってください。

・治療後にニキビや毛包炎のような赤いブツブツが出ることがありますが、徐々に改善していきます。

症例写真

Before

After

治療名 ピコフラクショナルレーザー治療
治療内容 肌表面を傷つけずに、コラーゲン増殖の活発とエラスチン再生を促し、肌を入れ替えるレーザー治療
治療回数 3回
リスク・副作用 照射後の皮膚の発赤、熱感、乾燥、一過性の紅斑、一過性の浮腫、一過性の紅色丘疹が生じる可能性あり
費用 3回 半顔 66,000円(税込)

ピコフラクショナルレーザー紹介動画

 

ダーマペンで効果不十分だった方や、従来のCO2レーザーの痛み・ダウンタイムで挫折した方に特におすすめする治療法です。

治療後の注意点

■ 治療箇所に刺激(擦る、引っ掻くなど)を与えないようにしてください。

■ かさぶたは無理に剥がさないようにしてください。

■ 色が濃くなる可能性がありますので、紫外線対策(日焼け対策)は十分にしてください。

■ お肌が乾燥する場合がありますので、保湿をしっかりと行ってください。

■料金表

メニュー 部位 料金 5回コース

ピコフラクショナルレーザー

(ニキビ跡・毛穴の開きの改善)

部分 ¥16,500 ¥74,250
半顔 ¥22,000 ¥93,500
全顔 ¥27,500 ¥110,000

クリーム麻酔ご希望の方は要別途料金

 

 

■リスク

一過性の赤みや腫脹の発現 通常は数時間で改善します。
一過性の炎症後色素沈着の発生 強く反応した場合、一過性炎症色素沈着の可能性がありますが、保存的な治療を施し、約4か月で消失します。
色素脱失(白斑症) 皮膚の色が白く抜ける場合があります。
一過性の亜急性浮腫状皮疹の発現 照射数日後、まれに亜急性浮腫状皮疹が見られることがあります。予防のため、薬剤を治療直後、当日の夜と翌朝に塗っていただきます。

 

 

■承認状況

承認状況 厚生労働省承認
認証番号 22800BZX00138000

よくある質問

【Q1.ピコレーザートーニングとピコフラクショナルの違いは?】

ピコレーザートーニングは真皮までをトータル的にキレイにしていき、シミ・そばかすなどの色悩みを解消します。

ピコフラクショナルは特殊なレンズで集光させたレーザー光を真皮の奥深くまで浸透させることで、色悩みをはじめ毛穴・ニキビ跡などの凹凸悩みまでトータルに解消します。

トーニングとフラクショナルを同時に行う『ダブルピコ』施術もあります。

 

【Q2.ダウンタイムはありますか?】

ピコフラクショナルは半日程のダウンタイムがあります。

 

【Q3.ピコフラクショナルレーザーの副作用はありますか?】

当クリニックが使用している医療用レーザーは、熟練した医師の下で正しく使われている限り、人体に害を及ぼすような副作用はありません。

一時的に乾燥と紫外線の影響を受けやすくなっているため、いつも以上に保湿とUV対策をお願いしております。

 

【Q4.ピコレーザートーニングを受けたことで、ガンになることはありませんか?】

40年以上に及ぶレーザー施術の歴史の中で、レーザーが原因でガンになったという報告は、世界中で例がありません。

 

【Q5.メイクをしたまま行ってもいいですか?】

施術前にメイクを落としていただきます。

クリニック滞在時間を短縮したいとお考えのお客様は、メイクを落とした状態でご来院いただくことをお勧めしております。

 

【Q6.施術後、メイクはしてもいいですか?】

翌日からメイクは可能ですが、赤み、痛みがひいてから行っていただくことをお勧めしております。

 

【Q7.男性でも施術できますか?】

当クリニックでは男性の方にも多くご来院頂いておりますので、ご安心ください。

関連記事

ピコフラクショナルレーザー
PAGE TOP