治療から探す

treatment
機械機器治療

子供医療レーザー脱毛

子供医療レーザー脱毛

 

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

 毛深くて周りの目が気になる方

 自身が毛深いことでストレスを感じてしまう方

 体育の時間・水泳の時間の前は毎回自己処理をしている方

 安全性に脱毛をしていきたい方

 安かろう悪かろうではなく、安心できるクリニックで脱毛したい方

 

脱毛といえば、大人の女性が受けるものと思われがちですが、上記のようなお悩みをお持ちの、中学生や高校生で医療脱毛を受ける人が増えています。

栃木県小山、宇都宮で、毛深くて悩む思春期のお子さまには前田メディカルクリニックの子供脱毛がオススメです。

 

 

医療レーザー脱毛症例件数累計(2022年10月現在) 29,370件

 

 

 

前田メディカルクリニックの子供脱毛

お子さまが医療脱毛を受けるに当たり、レーザーによる熱傷や目への悪影響を避けるために施術中にジッと動かないことが必要です。

そのため、全国的にはお子様の脱毛をお断りする医院も多くあります。

 

子供の脱毛で重視するポイントは、 痛みに敏感で、お肌が繊細であることへの対処法です。

当クリニックでは、最新の医療用レーザー脱毛機器メディオスターNeXT PROでの確かな効果と、ほぼ痛みのない、お子様のお肌に優しい脱毛を実現しています。

 

原則、中学生以上のお子さまに子供脱毛を行っています。

ご本人様、親権者様、双方のご意見を大切にし、大切なお子様を心よりご安心の上、お預けいただけますよう真摯に向きあわせていただきます。

 

 

*子供脱毛の注意点

成長期途中の未成年の場合、脱毛が完了した後に再び毛が生えてくる場合があります。

未成年の方の毛周期は不安定であり、成長に伴い新たに毛が生えてきたことが原因です。

医療脱毛は、いま生えている毛に対して脱毛効果を発揮するため、これから生えてくる毛に対して効果は出せないのです。

そのため、完全に毛を無くしたと思っていても、また生えてくる可能性があることを理解しておく必要があります。

【医師解説】子供医療レーザー脱毛

 

前田メディカルクリニックの子供脱毛を当クリニックの医師が動画で解説しています。

医療脱毛のメカニズム

子供医療レーザー脱毛

脱毛レーザーは黒い色に熱を与える性質を持ちます。

この原理を利用して、黒い毛を通して、毛根にある、毛の生える基となる「毛母細胞」と毛に栄養を与える『バルジ領域』に熱ダメージを与えることで、永久脱毛を行います。

エステ脱毛とは異なり、1回の治療で、その毛穴の脱毛が完了します。

脱毛に必要な治療回数

 毛周期 

子供医療レーザー脱毛

毛には生えてから抜けるまでのサイクルがあり、これを「毛周期」と呼びます。

レーザーが熱を加えるには、毛が毛根とつながっている必要があるため、毛根とつながっていない毛には脱毛効果がありません。

脱毛できる毛は全体のうち10~15%程度(部位によります)のため、5回以上の施術が必要です。

 

 

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

子供医療レーザー脱毛

*脱毛機器の違い

学生の方の中には1回あたりの価格が安いエステ脱毛を希望される方も多いですが、エステ脱毛と医療脱毛では、使用できる機器に大きな違いがあります。

エステでは法律上、医療機器が使用できないため、1回の照射で毛母細胞を破壊できない弱い機器を使用しています。

そのため、30回以上の脱毛に通わなければならないケースもあります。

1回あたりの価格が安くとも脱毛が完了するまでに、医療脱毛よりも高い費用が掛かってしまうこともあります。

 

*トラブル対応

火傷や肌荒れ等のトラブルが起きた際に、エステサロンには医師がいないため、適切な処置ができません。

医療脱毛であれば、医師が常駐しているので、万が一のトラブルの際にもすぐに対応できますし、肌質に合わせてレーザーの出量を調整するため、肌トラブルが起きにくいという違いがあります。

 

 

 

子供医療レーザー脱毛の特徴

子供が全身脱毛をする上で、女性と異なりいくつか注意する点があります。

痛みに弱い

 

子供はがデリケートかつ、痛みを感じやすいとされています。

 

痛みが強く、施術中に動いてしまうと、本来当てるべきでない部位や近さでレーザーを照射することになると大変危険です。

 

脱毛は複数回の施術が必要な為、治療を継続するためにも痛みの少ない機種がお勧めです。

毛が新生してしまう

 

医療レーザー脱毛は、成長期の毛に関しては永久的に効果を発揮します。

 

しかし、10代の患者様は、脱毛を行っても新たな毛が新生する可能性があります。

 

安易に子供に全身脱毛を奨めるサロンやクリニックもある様ですが、年齢によっては、ワキ・足・腕・Vラインなど人目につく部位のみ実施されることを推奨します。

当クリニックの医療脱毛機について

子供、学生の医療脱毛を行う際、重要な点は痛みの少なさと安全性です。

当クリニックでは、3種類の医療レーザー脱毛機器を有していますが、最も痛みが少なく、肌へのダメ―ジが起こりにくい、メディオスターNEXTPROを使用します。

 

■メディオスターNEXTPROの特徴

子供医療レーザー脱毛

痛みが少ない

 

メディオスターは蓄熱式と呼ばれる脱毛方式を取っています。

最も大きな違いは、従来のレーザーは毛根を焼くことに対して、毛に栄養を与える部位に徐々に熱を加えるため、痛みが格段に少ないということです。

安全性が高い

 

従来のレーザーは、照射面をなるべく隙間のないように照射することで、当て漏れを防ぎます。

しかし、照射面を重ねれば重ねるほど、その部位に熱が溜まるため、火傷になりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

蓄熱式レーザーは、ある一定の面積に一定の熱量を加えることで永久脱毛を行うことができるため、左記のイラストのように滑らせるように照射を行います。

当て漏れが少なく、熱が特定の部位に集中することが無いので、火傷のリスクが低いという特徴があります。

 

脱毛部位・料金一覧

 子供医療レーザー脱毛

 

■料金表

 

 

子供医療レーザー脱毛の治療内容

■治療の流れ

【①カウンセリング・診察】

・ご希望をお伺いし、治療の詳細や効果、ご質問、ご料金など詳しくご説明いたします。 

 ↓

【②剃毛・施術前のチェック】

・施術前に脱毛部位の剃毛をお願いしています。(クリニックでの剃毛は別途料金)

・脱毛部位の肌の状態や毛の質を観察します。

・痛みがどうしても気になるという方に対してはクリーム麻酔対応可能です。(麻酔クリームは別途料金)

 ↓

【③照射】

・痛みが少なく、スピーディーです。

 ↓

【④アフターケア】

・肌への負担が少ないため、施術後のケアは特にありませんが、痒みが出た場合には塗り薬を塗布します。

子供医療レーザー脱毛施術紹介

子供、学生の医療脱毛を行う際、重要な点は痛みの少なさと安全性です。

 

当クリニックでは、3種類の医療レーザー脱毛機器を有していますが、最も痛みが少なく、肌へのダメ―ジが起こりにくい、メディオスターNEXTPROを使用します。

■リスク

火傷 日焼けした皮膚、色素沈着部位、濃いシミ・アザ・ホクロがある部位、乳輪などに照射をすると、レーザーがメラニンの黒色に反応して火傷が起こる可能性があります。
色素沈着

脱毛の施術後、強い日焼けや摩擦などの刺激により、一時的にシミのように着色することがあります。

時間経過とともに軽快していきますが、脱毛期間中は日焼けや刺激に気を付けてお過ごしください。

色素脱落

刺青やアザ、ホクロのあるところに照射すると、それらの色味が抜ける場合があります。

まれに、レーザー照射部位のメラニン量が減り、白斑症になる場合があります。

毛嚢炎

医療レーザーの照射をすると肌がダメージを受けてバリア機能が低下し、毛穴に細菌が侵入するとレーザー照射後2~7日後にニキビのような毛嚢炎を起こすことがあります。

毛嚢炎は皮脂の分泌が多い部位を脱毛する際になりやすく、周辺が赤くなったり、痛みを感じたりするのが特徴です。

施術後から2〜3日しても赤みや痛みが引かない場合は毛嚢炎である可能性が考えられます。

 

 

■承認状況

機種名 メディオスターNext Pro
承認状況 厚生労働省認証
認証番号 23000BZX00140000

よくある質問

【Q1.中学生の娘ですが、脱毛できますか?】

はい、可能でございます。

体毛に対するコンプレックスを抱えておられるお子様や、イジメを懸念される親御様からのご相談も増えております。

 

【Q2.アトピー性皮膚炎ですが、脱毛は可能ですか?】

はい、可能でございます。

アトピー性皮膚炎があると脱毛はできないと思っている方も多くいらっしゃいますが、当クリニックではアトピー性皮膚炎を患っておられる方もご来院頂いております。

カミソリ等の自己処理によって、皮膚表面にあるセラミドを削り落とすことで、肌本来の保湿機能が低下し、かさつきや痒みを増す原因となりアトピー肌を悪化させてしまう可能性がございます。

医療レーザー脱毛治療を行うことで、自己処理の回数を減らし肌への負担を軽減することができます。

 

【Q3.何回くらい通えばいいですか?】

子供の場合、これから二次成長に入るため、毛も発育段階にあります。

その為、これから生えてくる毛を防ぐことはできませんので、回数が多くかかる場合がございます。

詳しくはカウンセリングの際にお尋ねください。

 

【Q4.痛くないですか?】

メディオスターNextProによる蓄熱脱毛は低エネルギーで高速に連射するため痛みを少なく治療が行えます。

また、お子様に応じたパワー設定で脱毛治療を行いますのでご安心ください。

 

【Q5.子ども脱毛を受ける際の注意点は?】

時々、お母さんに言われて脱毛の相談に来るお子様がいらっしゃいますが、施術前に必ず本人の意思を確認しています。

脱毛は多少なりとも痛みを感じることもありますし、看護師に肌を見せたり施術前に剃毛もしなくてはいけません。

まずは、本人に脱毛したいという気持ちがあることが大切です。

本人にモチベーションがないと施術に通うのも苦痛になってしまいます。

痛いのがイヤ、施術が怖いと言った理由でお子様本人が希望しない場合は脱毛をすることができません。

 

また、成長期が過ぎる前に脱毛した場合、ムダ毛が再生する可能性があるということも事前に知っておくべき点です。

成長期のホルモンバランスの変化によって、ムダ毛が濃くなることがあります。

さらに脱毛期間中は紫外線対策を行っていただく必要があるため、お子様が外で過ごすことが多い場合は、日焼け止めを塗る、長袖を着るといったケアをお願いしています。

 

【Q6.子供が新体操を習っていますが、レオタードからはみ出す毛を気にしています。子供でも脱毛可能な部位でしょうか?】

はい。可能でございます。

水泳・バレエ・新体操などを習っておられるお子様も多くご来院いただいております。

毛量は少ないですが、長さがあるため、水着やレオタードからはみ出してしまうとお悩みの方もいらっしゃいます。

デリケートな部位ですので、自己処理を繰り返して傷つけてしまったり、色素沈着してしまう可能性がありますので、安心安全な医療機関での治療をおすすめいたします。 

関連記事

子供医療レーザー脱毛
子供医療レーザー脱毛
子供医療レーザー脱毛
PAGE TOP