治療から探す

treatment
機械機器治療

ミラドライ

ミラドライ

 

ミラドライとは?

ミラドライはワキの汗の原因となるエクリン汗腺、臭いの原因となるアポクリン汗腺にマイクロ波(電磁波)を照射し、汗腺に熱ダメージを与えます。

 

汗腺に熱ダメージを与えることで汗腺の発汗機能を停止させ、ワキ汗や臭いを抑え、長期的な効果が期待できます。

 

メスを使わない為傷跡が残らず、皮膚へのダメージが少なく、術後は日帰りが可能です。

 

『ボトックス注射を繰り返すことが面倒』『根本から治療したいけど、手術は怖い』という方にオススメです。

 

 

▶ミラドライのメリット

・汗の量・臭いどちらにも効果がある

汗の量の原因となる「エクリン汗腺」、臭いの原因となる「アポクリン汗腺」どちらにも熱エネルギーを照射することができます。

 

・皮膚を切らない治療

ワキの外側から吸引しマイクロ波で汗腺を破壊するため、皮膚を切る必要がなく、合併症などのリスクが大幅に減り、安心して治療することが可能です。

 

 ・軽度のダウンタイム

術後数日間、少し腫れ・内出血が生じますが、皮膚を切らない治療のため、術後の腕の固定やシャワーの制限はありません。

また、メスを使わないため傷跡も残りません。

 

・長期間の効果

外科的手術(切除)と同じく長期間の効果が期待できます。

効果も治療直後から実感していただけます。

 

 ・安心・安全の認可治療機器

2018年に日本の厚生労働省より認可を受けた治療機器で、安心して治療を受けることが可能です。

 

 

ミラドライの効果

 ワキガの改善

 多汗症の改善

 

 

ミラドライのメカニズム

ミラドライ

 

ハンドピースで皮膚を吸引して5.8GHzのマイクロ(電磁)波を照射し、その熱によって汗と臭いの原因となる2種類の汗腺を破壊します。

 

汗腺には、脇汗、多汗症の原因になる汗を分泌する「エクリン汗腺」と、ワキガの臭いや汗ジミの原因になる汗を分泌する「アポクリン汗腺」がありますが、ミラドライは、アポクリン汗腺・エクリン汗腺の両方を破壊します。

 

一度破壊した汗腺は再生しないため、効果は長期間続き、メスを使用しないため、傷跡も作りません。

 

ミラドライはコンピューター制御によって、自動的にエネルギーの深さと幅を最適化していきます。

 

また、ミラドライの冷却システムは特別なクーリングシステムによってお肌を冷却、保護します。

 

手術に抵抗がある方でも安心・安全に受けていただけます。

 

※治療1ヶ月後において、発汗の減少が認められ、治療1年後においては、平均81.7% の発汗減少が認められています。(重量測定法)

 

 

こんな方にオススメ!

☑ ワキ汗が異常に出る方

☑ 自分のニオイが気になる方

☑ 周りからニオイを指摘される方

☑ 両親のどちらかがワキガ体質の方

☑ 耳アカがジュクジュクと湿っている方

☑ 洋服のワキの下が黄ばむ方

 

 

*ミラドライを受けることができない方

・妊娠中、授乳中の方

・心臓ペースメーカーや電子機器が体内に埋め込まれている方

・治療部位の近くに金属製のインプラント等が埋め込まれている方

・免疫力低下、または免疫抑制剤を使用している方

・局所麻酔アレルギーのある方

・酸素投与している方

・治療部位に皮膚疾患がある方

・治療部位に刺青がある方

・その他、重篤なご病気のある方

 

 

ミラドライの治療内容

■治療の流れ

【① カウンセリング・診察】

・ご希望をお伺いし、治療の詳細や効果、ご質問、ご料金など詳しくご説明いたします。 

 ↓

【② 計測】

・専用のスケールを使い、汗腺類の分布範囲を計測します。

 ↓

【③ マーキング】

・計測した治療範囲に合わせて、マーキングをします。

 ↓

【④ 麻酔】

・ワキの複数個所へ局所麻酔をします。

 ↓

【⑤ マーキングシート転写】

・照射のためのマーキングをシール転写します。

 ↓

【⑥ ミラドライ照射】

・片側約20~30分ほどが治療の目安です。

・麻酔と冷却機能で、痛みをほとんど感じることなく治療できます。

 ↓

【⑦ クーリング】

・照射終了後、鎮静のためにクーリングを行います。

 ↓

【⑧ アフターケア】

・治療後の注意事項を説明し、お薬を処方します。

・治療後に気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

・必要があるようでしたら、検診に来院いただきます。

ミラドライ紹介動画

 

ミラドライによる治療では、アポクリン腺やエクリン腺などの汗腺をマイクロ波で破壊して、ニオイや汗の量を抑制していきます。

■治療内容

施術時間 60~90分程度
痛み 治療部位に局所麻酔をするので、ほとんどの患者様はミラドライ治療中は痛みを感じることがほとんどありません。
麻酔 治療部位に局所麻酔(注射による麻酔)
ダウンタイム 痛みや腫れなどは1週間後で治まりますが、違和感等は1ヶ月ほど続きます。
効果 照射が終了した時点で汗腺は破壊されておりますので、治療直後より効果を実感いただけます。
シャワー 当日より可能(治療箇所は擦ったり、温めたりしないでください)
入浴 翌日より可能(熱感や腫れを感じたら、専用のアイスパックで冷やしてください)
車・バイク・自転車等の運転 翌日より可能
飲酒 翌日より可能

 

 

■ドクターよりひと言

当クリニックではなるべく1回で効果を出すために、特殊な麻酔方法により、皮膚や血管・神経にダメージを与えることなく最高出力で照射します。

症例写真

Before

After

治療名 ミラドライ
治療内容 マイクロ波で汗腺を破壊し、ワキガや多汗症を改善する治療
治療回数 1回
リスク・副作用 内出血、痛み、腫れ、脇の違和感、腕や指先の不快感やしびれ、治療部位の硬化が生じる可能性あり
費用 1回 両脇 286,000円(税込)

 

▶ 経過症例はこちらをご覧ください。

治療後の注意点

■ 施術後2~3日は、患部を専用のアイスパックで冷やしてください。

■ 治療後4日間は、脇の剃毛、制汗剤の使用、激しい運動は控えるようにしてください。

■ 麻酔薬を使用するため、当日は運転は控えてください。ご家族やご友人等に運転していただくか、他の交通機関をご利用ください。

■ 当日は飲酒を控えてください。

■ 注射による皮下出血が生じる場合がありますが、数日で治まります。

■  治療により、発赤や水疱、痂皮を形成した場合は、必要な治療を行いますので、当クリニックの指示に従ってください。

■  ごく稀に、腕や指先に一時的な不快感やしびれが生じる場合がありますが、数週間で自然に治まります。

■ ごく稀に、治療部位が硬化する場合がありますが、数週間で治まります。

■ 治療により腋部の減毛の可能性があります。

■ 数日間、物を挟んだような違和感やツッパリ感を感じることがありますが、1~2週間ほどで徐々に消失します。

■ 腫れが治まっても、しこりがみられることがありますが、通常1~3ヶ月で改善します。

 

ミラドライ

 

*以上のものは基本的には誰にでも起こるものと考えてください。

そして、時間と共に軽快していくものなので、特に心配はいりません。

■料金表

メニュー 回数 料金 分割 月額

ミラドライ

(ワキガ・多汗症の改善)

初回 ¥286,000 36回 ¥9,020(初回¥11,713)
2回目 ¥88,000

 

 

■リスク

一過性の内出血、痛み、腫れ、脇の違和感、腕や指先の不快感やしびれ、治療部位の硬化の発生 数週間で治まります。 
一過性の腕の筋肉および指の力の減少の発生 数ヶ月で改善します。
腋窩部の減毛 毛根も一緒に破壊されるため、腋窩部の減毛の可能性があります。
色素沈着 麻酔箇所による赤味、まれに色素沈着が出ることがあります。

 

 

■承認状況

承認状況 厚生労働省承認
認証番号 23000BZX00161000

よくある質問

【Q1.ミラドライは痛いですか?】

治療による痛みを抑えるため、治療部位に局所麻酔(注射による麻酔)をします。

ほとんどの患者様はミラドライ治療中は痛みを感じることがほぼありません。

痛みを感じる場合は、エネルギーが放出されている間の瞬間的なものに限られます。

治療後に、腫れや不快感を緩和するために、アイスパックを使ってワキの下を冷やし、お渡しする痛み止めの薬を服用してください。

ワキの下は2~3日の間、ヒリヒリしたり、普段とは違う感覚があり、ワキの腫れは通常3週間程度は続きます。

 

【Q2.1回で治療可能ですか?】

どんな方も必ず1回で治療可能とはお答えできませんが、当クリニックでは最大出力で照射し、1回での治療にこだわります。

 

【Q3.当日のダウンタイムはどの程度でしょうか?】

基本的には翌日から普段通りの生活が可能ですが、軽い腫れが出ることが予想されますので、落ち着くまでの1~2週間は患部を刺激したり、激しい運動は避けてください。

ごくまれに皮膚の赤み・痛み・隆起・拘縮、潰瘍形成が持続する場合がありますが、いずれの場合もメーカーからの治験データでは、時間の経過とともに消失するとの報告があります。

これらの副作用は個人の体質や体調に伴い、一定の割合で生じてしまう現象です。

術後にご不安なことや困ったことなどあれば、必ず当クリニックまでご連絡ください。

 

【Q4.ミラドライ治療後の腫れは目立ちますか?】

半袖より長い丈の袖がある服を着ていれば、目立たない程度です。

着用する服に気をつけていただければ、目立つことはないでしょう。

個人差はありますが、腫れのピークである治療後3日間、患部をよく冷やしていただくことで、早く引く場合が多いです。

 

【Q5.治療後、通院する必要はありますか?】

必要ありません。

気になることがあれば、医師にご相談ください。

 

【Q6.通常の活動に戻れるのはいつですか?】

ほとんどの患者様は、治療直後に通常の生活に戻ることができます。

ただし、激しい運動はしばらく行なわないでください。

痛みや腫れを緩和するために、治療後2~3日間は定期的にアイスパックを脇の下にはさんで冷やしてください。

 

【Q7.治療後着用できない衣類はありますか?】

ミラドライによる治療は皮膚に切開の傷を残すことはありませんが、麻酔注射による小さな跡が一時的に残るかもしれません。

治療後は、包帯を巻くことはありませんので、着用する洋服に制限が出ることはありません。

ただし、短い期間(通常1週間)の間、脇の下が膨らんだり、デコボコしたりします。

 

【Q8.脱毛に通っていますが、ミラドライを受けられますか?】

施術前は2週間(脱毛による火傷などがある場合は治ってから)、施術後は3ヵ月程度間隔をあけてください。(ワキ以外の脱毛であれば、制限はありません)

 

【Q9.ミラドライは汗をかく部分はどこでも施術できますか?】

ミラドライはワキのみを治療対象としています。

 

【Q10.以前多汗症やワキガ治療のために外科手術をおこなったことがありますが、それでもミラドライ治療を受けられますか?】

通常は受けられますが、患部状態によってはミラドライによる治療がお勧めできない場合がありますので、まずはご相談ください。

 

【Q11.ミラドライは汗だけに効果があるのでしょうか?】

ミラドライはワキ汗と共にニオイも抑えます。

また、アメリカ合衆国保健福祉省より脱毛効果も認められています。

 

【Q12.後遺症は残りますか?】

一生残るような症状はありません。

治療直後は、腫れなどの一時的な症状が出る可能性はありますが、それらを抑えるために内服薬の処方いたします。

腫れも、数日~4週間程で治まる場合がほとんどです。

一生残るような症状はありません。

ミラドライは外科手術によるわきが治療とは違い、切開を必要としない治療です。

そのため、外科手術の場合発生する、日常生活に戻るまでに要する1週間程度のダウンタイムはほとんどありません。

治療当日から日常生活に戻ることができます。

 

【Q13.未成年の場合は親の同伴が必要ですか?】

未成年者の治療に関しては、保護者の方の同伴をお願いしています

ミラドライによるワキガ治療は、15歳からを目安としてご案内しています。

保護者の方に同伴いただければ、施術は可能です。

汗腺にはアポクリン腺とエクリン線の2種類があり、アポクリン腺からの汗がワキガのニオイの元になります。

ミラドライは電磁波により汗腺の働きをほぼなくす治療法ですが、身体が成長している途中の段階で治療を受けた場合、一旦症状が改善したとしても、その後、新しい汗腺が成長することで再び症状が出る恐れがあります。

さらに、アポクリン腺は性ホルモンを分泌する性腺であり、女性の方は月経がはじまってからアポクリン腺が臭うようになります。

そのため、初潮よりも前にミラドライによるわきが治療を受けたとしても、効果は限定的です。

以上の理由から、アポクリン腺を除去する治療は、身体・汗腺の成長が終わってから受けることをおすすめしております。

また、上記の年齢に満たない若い方には、汗止め注射をご案内しておりますので、お気軽にご相談ください。

未成年の方でも、医師による診察の上、最適な治療法をご提案させていただきます。

保護者の方の同伴は必要になりますが、一度診断、カウンセリングにお越しください。

関連記事

ミラドライ
PAGE TOP